データ復旧の相談がしたい【簡単に申し込みが可能】

データが消えた際の対策

ハードディスク

企業にとって外付けhddのデータが消えてしまうことは非常に大きなリスクといえます。そんなときに活用できるのがデータ復旧サービスですが、まず利用する前に次のようなポイントや豆知識を押さえておいたり、工夫することで得られるメリットについて知っておくと良いでしょう。

詳しく見る

困った時に頼れる存在

サーバー

年々最新技術によって構築されるパソコンやサーバーは、故障をすると解明できない部分も出てきます。そんな時に故障が生じた場合、データ復旧を行う際にも難しい部分が出てきます。データ復旧が可能な業者に依頼をして、安全にデータ復旧を行うことが重要です。

詳しく見る

記憶装置のエラー対策

ハードディスク

外付けhddがトラブルにより応答しなくなったり、PCから認識できないような状態になると、hddの故障が疑われます。故障を修理すると記録データは保証されず、通常は初期化されてしまいます。仮に、データの保全が必要な場合は、専門の業者に復旧作業を行ってもらう必要がありますので、信頼できる業者を選びましょう。

詳しく見る

高確率で復旧できる

男の人

仕事のデータが消えてしまえば、データレスキューに依頼するのが一番です。業者の方が来るまでパソコンを触らずにいるのが大切ですし、見積もりもすぐに出してもらえるため、気が付いたらすぐに連絡すると復旧の確率を高めることができるでしょう。

詳しく見る

データを復活させるために

人形とHDD

外付けハードディスクは使い勝手が良いのでどこにでも持っていくことが出来ます。それは同時に故障のリスクを負うということでもあります。ただ、データ復旧の技術が進んでいるおかげで、直せるケースが増えています。

詳しく見る

壊れたPCのデータ確保

パソコンを操作する人

PCのHDDはいつ壊れるのか分かりません。購入して間もないものでも振動などで壊れることがあります。貴重なデータがPCに入っていてバックアップがないと大変です。自分で復旧できる場合もありますが、多くの場合は、専門の信頼の置ける修理業者に依頼して、完全なデータ復旧を行います。

詳しく見る

データが消えても焦らずに

パソコンデータのデータ復旧をやっていこうと検討したときには、速やかに専門家に依頼をしようとすることが大事になります。その際には専門家の比較検討などをしていくことによって、自分にとってメリットのある修理をやっていくことができます。

詳しく見る

技術が高い業者に依頼

男の人

クリーンルームで対応

工場などにはクリーンルームと呼ばれる部屋を設置しているところがあります。物を作るとき、ほこりや細菌、その他のものが入るといけない場合があります。食品や精密機器などを製造する工場などにあるようです。データ復旧を行ってくれる業者の中には、クリーンルームを自社内に持っているところがあります。データ復旧をするには、場合によってはハードディスクを分解しないといけない場合があります。ハードディスク内部は非常に繊細になっていて、ちょっとした埃でも害になります。ですからクリーンルームがないと分解をしての対応ができません。どうしても復旧してほしい情報が入っている場合は、クリーンルームを保有しているところを利用した方が良いでしょう。保有していないところよりも料金はかかる可能性がありますが、技術力は高いといえます。

復旧可能かがわかる

ハードディスクが壊れた時には、データ復旧のための方法を取ります。自分で行う場合は無料でもできますが、業者に依頼をすると一定の料金がかかります。ハードディスクの料金には関係なく、作業にかかる料金として徴収されます。依頼をすればお金がかかりますが、その結果希望するデータが戻らないこともあります。高い料金を支払ってデータが戻ってこないのは問題です。企業などではコスト管理を問われることもあります。多くのデータ復旧業者では事前に復旧可能リストを出してくれ、納得した上で依頼をすることができます。リストを見た上で上司などに料金の承認を受けることで、利用するかどうかを決めることができます。支払いの無駄がありません。