データ復旧の相談がしたい【簡単に申し込みが可能】

データを復活させるために

人形とHDD

便利なデータ保存機器

企業が取り扱うデータなどの情報はあまりにも膨大であるため、内蔵のハードディスクだけでは容量が不足することもあります。そこで便利なのが外付けハードディスクです。外側から接続することによって機器を買い換えずに実質的な容量拡張が行えます。また、外付けハードディスクだけを付け替えすれば、様々なコンピューターでそのデータを使用できます。非常に便利ではありますが、外付けであるが故に落下による破損や水没には注意しておく必要があります。万が一、故障してしまうとデータがダメージを受けたり、データ自体が消えてしまったりします。しかし、すぐに諦める必要はありません。データを復旧出来る可能性があります。データ復旧は基本的に業者が行いますが、それまでの処置も大切です。

直すためのポイント

外付けハードディスクが故障してしまった際にはすぐにコンピューターとの接続を外しましょう。接続をしたままではコンピューターからの電流が流れ続け、さらに故障を悪化させてしまうことがあるからです。コンピューターに悪影響を与えてしまう可能性も否定できません。そこで外付けハードディスクに異常が見られた場合は速やかに取り外し、電源がある場合はオフにしておきます。その後は専門の復旧業者に依頼します。ただ、企業が取り扱う外付けハードディスクには重要性が極めて高い内容が含まれています。そのため、復旧業者は復旧の技術だけでなく、信頼性のあるところを選択する必要があります。故障してから業者を探すと時間がかかるので、会社の中で機器が故障した際にはどこに復旧を依頼するかを決めておくことをオススメします。